音楽好き。読書好き。観劇好き。映画好き。


by karopiyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

閉店パーティ

b0055385_232674.jpg

ベンチに座って電車待ち。飲んで走って、頭が回る。
帰りの電車が気になって、イベントは最後まで見れず。
到着時に時刻表を確認するはずが、ICOCAショックで忘れてた(>_<)



22時前に閉店イベント会場に辿り着く。
店内に入ると、こじんまりとしたスペース。
次の演者が準備中。照明を使うパフォーマンスの人らしい。

店内では、知り合い同士らしき人達が飲みながら雑談。
入口入ってすぐの、カウンター横の空きスペースにひっそり陣取る。
タバコの匂いがほとんどしない店で、快適。
1drink制ということで、ビールを注文。ハイネケン。
つまみはなしで、ゆっくり飲む。

岡見氏の準備が終わって、店内の照明がぐっと落とされる。
機材にセットした電球が点く。スーツ姿でパフォーマンス。
電球を振ったり、落としたり。それに合わせて音が変わる。
音と電球が連動してるのかな?
床に葉っぱが山積みにされてて、切られた植物の匂い。
葉の上に電球を落とすと、音が変わる。
少し酔いが回ったまま、ぼーっと見てると、最後は唐突に終わった。

終わると、また少し間が空く。
何時になるんだろう。携帯の時計を確認。
22時半前。まだ大丈夫。

どこからともなく、西大路氏登場。
装いは、帽子からスカーフへ。キリリと軽やかに。
風邪を引いて熱があるとかで、座っての演奏。
楽譜を見つつ、ギター弾き語り。
曲の合間に、喋ったり、客に突っ込まれたりしつつ進行。
一人だからなのか、体調が悪いからなのか、気弱な印象。
いい声してるのに、もったいない。

岡見氏の時より前に人が多く、姿が見えたり見えなかったり。
耳からの情報だけだと、頭から抜けやすい。更にアルコールが後押し。
歌う前に曲紹介があるものの、聞く傍から記憶が曖昧になる。

かぐや姫は「ひとりきり」「なごり雪」と他に1、2曲。
さだまさしは「無縁坂」。気合が入ってた印象。声の響きが綺麗。
さだまさしは1曲で終わり。そのまま終了。

次回公演のチラシを、谷内氏が配って回る。
奥の方に行ってしまって、もらうタイミングを逃す。
戻ってきたところで目が合った。渡してもらう。
前と一緒のように見えて、欄外に情報が増えてた。

チラシから会場に意識が戻る。
今まで二組。のんびりと準備して、パフォーマンスして。。
まさか、この調子まで朝まで続くのかも!?
周りの人々は知り合い同士っぽいし、家も近そうだし。。
不安になって、入れ替え作業に紛れて、会場を後に。
次も気になるけど、見たかったものは見れて満足。

もう23時。帰りの電車はあるのかないのか。
手に持ってたままのチラシを、カバンにしまいこんで走る。
交差点に差し掛かると、照明に照らされて、一瞬まぶしい。
暗信号待ちの人達が振り返って、視線が交差。
驚いたような表情。その反応に、ハッと我に返り、ペースダウン。
暗いとこから走って来たため、あらぬ心配を掛けたらしい。
考えてみれば、まだ23時。大阪だし、普通に走ってるよね。
勝手知らぬ土地の夜は怖い。

駅に近づくと、シャッターが閉まってる~。
駅も閉まってる~!?と思ったら、開いてた。ドキドキ。
23時台は普通に走ってて、終電は0時過ぎ。余裕でした。
[PR]
by karopiyo | 2007-05-21 23:02 | 音楽/ライブ