音楽好き。読書好き。観劇好き。映画好き。


by karopiyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ミスド

b0055385_21411578.jpg

・シナモンドーナツ
・カフェオレ



会社に呼び出された帰り。駅で上司と別れる。
携帯に少し時間が経過したメッセージ。
返事してみると、反応早い。通り道の郵便局に寄る。
独り言のように言葉が届いて、空から見守られてるような感覚。

駅に着いて改札を入る。次の電車は10分ちょい後。
ホームに上がると、ちょうど電車が入って来た。
乗り込んで座る。連絡して寝る。

目的駅では降りる人が多い。
歩いてるうちに、これから向かう連絡が入ってた。
ミスドへ向かう。遅めの時間で、ミスドは空き気味。
22時閉店の文字を見つける。後少し。

本を読んでると、待ち人がやってきた。
顔色悪くて、闘病中です、と言った様子。
寝てた方がいいんじゃないかしら、と心配になる顔色。
そういや、病人なんだった。気持ちを引き締める。

CDを2枚もらう。
何も書かれてなくて、どっちがどっちだか分からない。
聞いたら分かるよ、の言葉に納得。
割れないよう、場所を選んでカバンにしまう。
時間が経過して、メロディは頭から消えてしまった。
また、詩に節つけられるかなぁ。楽しみ。

水が運ばれて来た。
トレイに出していたカプセルを2つ、口に放り込む。
続けてコップの水を流し込む。コップの水が、みるみる減っていく。
一気に飲むとはすごい。しかも、薬を水だけで飲めるなんて~。
「薬きついから」。何事もないような表情でコップを置く。
水ついでに頼んでいた、カフェオレのお代わりがやって来た。
温かいというより熱い。

一段落して、向き合う。
何だか懐かしいような、ずっとそうしてたような、不思議な気持ち。
顔を見る。目が合う。視線が微笑む。
安定した目の動き。視線が落ち着いた。
今までどんな顔してたっけ、急にうろたえてソラを向く。
話しても話さなくても、同じ速度で時間は進む。
何も話さない方が、時間の流れが緩やかな気がする。
最近慌しかったなぁ。のんびりできるの久々かも。
穏やかな雰囲気にちょっと甘えて、寛ぎモード。

5キロ太ったらしい。分からない。いいな~。
太った?聞かれる。
痩せて太ったと言われるのは、何やら損をしているような。
お腹は減りやすいけど、そんな不調というわけでもない。
もしかして、今くらいが適正体重だったりして。

言ったことを、そのまま質問してしまう。
「今、言ったやんか」軽く突っ込まれる。
あ、突っ込み入れられるくらい元気になってる。嬉しくなる。
死にそうだった顔色は、少し血色良く。

テキストあげる、と、カバンを探し始めた。
シンプルそうな中身でも、目的のものは出てこない。
楽譜っぽい紙が出てきたり。カバンと向き合う様子を見守る。
折り畳まれた紙束を探し当てて、広げる。
一枚一枚揃え直して、手渡してくれる。

目の前で見るのは照れる。
なら、しまえばいいのに、早く読みたい。
こっち見ないでね。心の中で祈りつつ、テキストに意識を向ける。
そっと、目の前の人の中の世界を覗く。
3枚ほどは単語が並ぶ。後半は見覚えのあるフレーズ。
即興だったのね。ちょっと感動。思い起こしたり考えたり。
最後辺りのフレーズに出てきた単語を発見。
その人は、干渉するでもなく、放っておくでもなく、
何も言わず、そこに座ってる。陽だまりの中にいるような感覚。

内側を覗いていたら、外から見られてる。
ふと、気付く。まさか今日じゃないよねぇ。
病院行くほど体調悪いんだし。顔色悪かったし。
時間掛けてまでCD焼いてきてくれたし。
そんな無茶はしないよねぇ。まずは体を治してからよね。
落ち着いて見るどころじゃなくなって、しまう。

あ、もうこんな時間。見送るよ。
やって来てから30分ほど経過。
自分のトレイを片付けて、そのまま一緒に片付けてくれる。
わぁ、ありがとう。

エスカレーターに乗る。
今までと立ち位置が逆なのに気付く。
上でも下でも変わらないのは、至近距離は照れる。
駅の向こう側から乗った時はどうだったかなぁ。

エスカレータを降りて、改札向けて通路を歩く。
体調の悪さが少し離れたかのような、ふんわりした雰囲気。
徐々に陽気になって、顔色も良く。
この調子だと、体調戻るのも早いかなぁ。

改札に着いたところで、電車が来た音。
声に促されるようにして、改札を抜ける。「またね」。
「またね」声が追い掛けてくる。
そのままの勢いでホームに向かいかけて、
かろうじて踏み止まって、振り返る。
ふわり、淡いオレンジ色。
ああ、良かった。間違ってなかった。
軽く手を振り、穏やかに反応を返される。

走って階段へ。既に停まっている電車。
電光掲示板が目に入る。「次の電車が先に着きます」。
ペースダウン。ホームに降り立って、電車を見送る。
すぐに次がやってきた。遅くても乗ってるなぁ。
座れない。立って、本を読んでる間に到着。
[PR]
by karopiyo | 2007-02-27 21:41 | 日常