音楽好き。読書好き。観劇好き。映画好き。


by karopiyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

晩御飯

飲み。



駅を出て、店に向かって歩いてると、歩いてくるのが目に入った。
あれ?何で何で?
店が閉まっていたらしい。今日は休みの店が多いとか。
開いてる店を探して、ふらふらと町を歩く。
初めての店を覗くも、中の様子が知れず、知ってる店へ。

前に覗いた時はガランとしてたけど、今日は混み混み。
閉まってる店が多いからかな。

とりあえずビール。黒ビールがあった。
黒ビールで生ビールはないのかな。
ビールが来て注いでくれた。乾杯~。
注いだ後、瓶を戻す動き好きだなぁ。

昼ご飯ナシでとっても空腹。
気になるメニューをぽんぽん、と注文。
何でもいいから早く食べたい~。

今は、あまり食べなくて、
顔はあまり変わらないけど、体は痩せたらしい。
お腹を触ってみる。確かに引き締まったかも。
何やら遠い感触を思い出した。

安定した雰囲気。
灰色、混沌、青、緑。会うたびに変わってた色。
穏やかな、まろやかなクリーム色に。
落ち着いて大人になったなぁ、って感じ。
人って変わるものなのね。

注文した料理が続々と運ばれてきた。結構大量。
まだ来るんだっけ。。こりゃ頼み過ぎた。
食べれる分ずつ注文するという言葉を思い出す。
しみじみとその意味を噛み締める。
お腹空いてる時は、いくらでもいけると思うのよね。
食べるか聞いてみるものの、いらないという返事。
ほんとに0.2人分。。

最後にイモが来た。大きいのが4つ。どどんと。
見ただけで、ごちそうさま!と言いたくなるような量。
うーん。。。これはしんどい。。

間に合わない、という思いが頭を占める。
満腹になる前に、お腹に入れなきゃ。
ビールを水代わりに詰め込む作戦にする。

次の仕事向けて忙しそう。
あらら、それどころじゃなかったのね。
たまに、店内の時計を気にしている様子。
予定詰まってるのかしらん。ちょっと焦る。

名前について語る。
しっかり考えられた漢字だったんだなぁ。
すごいなぁ。名は体を表すもんね。

気分良さそうに、歌を口ずさむ。ご機嫌。
目がくりくりっとキラキラ。ふにゃっと笑顔。
ちょっと歌って、歌詞について語る。
サンダル脱ぐ時、足洗うやろ?足も洗わずってことは。。
そうなんや、脱ぐ時、足洗うんや~。言って、驚かれる。
サンダル履いてたのなんて、遥か遠い昔。
考えたら、洗ってた気もするようなしないような。
たまにはサンダルも履かないとなぁ。

「変わってるって言われるやろ?」
何を根拠に思ったのか、急に聞かれる。
そうねぇ。言われることもあるから肯く。
たまに、自分でも気付かないうちに、静かに迷走。
ゼミの先生には難儀な人やなぁ、としみじみと言われた。
会社の同僚には少し変わった人だと思われているらしい。
たまに突っ込みつつ、見守りモード?

ご飯は、台所で皆で食べる。
遅くても、末っ子がいるから台所。
寂しがりや?聞かれる。うーん、末っ子には負けるなぁ。
末っ子は寂しがりや。答える。

FIFAはfootballなんとか~の略だった。
サッカーが世界共通じゃなかったなんて。
そういやSの字、入ってないなぁ。
いつか、現地に見に行きたいらしい。
そのための英語なのかなぁ。

話しつつも、のんびりしてたらお腹いっぱいになる~。
急きたてられるように食べ続ける。
今まで、色々食べられたのは、同行人の助けがあったからなのね。
ぼーっと考える。

全部食べなさい、と一人教室に残されて食べさせられた給食。
親戚と外出した時に、食べ切れなくなって顔を上げると、
自分が頼んだものも食べられないの?と非難する目。
勿体ないね、手伝ってあげなさい、と従兄弟に話し掛ける。
あまり友好的でなかった、食事の思い出。
小さい頃から、あまり進歩してないんだなぁ。

見かねたのか、全部食べなくても悪いことじゃないよ、
みたいなフォローが入る。でも、残すにも中途半端。

やっと完食。
食べ切ったものの、胸に広がる敗北感。
ちょっとお腹が重い。生魚食べたかったなぁ。

お代を払う。提案に、ちょっと安心。
来る途中に多めに下ろしてきて良かった。
1万円札が出される。あっ、電話ガス代が~。
見上げると、動じてない穏やかな笑顔。
何だか嬉しくなる。

飲んだ後は乳製品。ヨーグルトと牛乳を買って駅へ。
歩いてるうちに、ますます気分があんまりな感じになってきた。
しまった。ビール水代わり作戦は、ペースが早過ぎた。

改札前で、気分大丈夫?聞かれる。
徐々に良くない。
トイレ行きたいらしい。
それは行きたい。
でも、駅のトイレには紙がない。困った。
まだいけてるけど、気分悪いよどうしよう、
ってなテレパシーを送ってみた。
もちろん、通じるわけもなく。
早く家に帰りたそう。

またしばらくは会えないんだろうなぁ。
見納めにぼーっと顔を眺める。
こういうの苦手、と言われ、我に返る。
今生の別れってわけでもないしなぁ。
改札に背を向けたところで、左へ行く道が視界に入った。
ミスドのトイレ行こ。意識が切り替わる。

挨拶もそこそこに、ミスド向けてまっしぐら。
外から見る限り、店内に客はおらず、店員さんは片付け中?
あ、もう終わっちゃったかな。困った。

視野を広げると、コンビニの明かり。
店内に入って、まず商品を眺めてみる。チョコでも買おうかな。
トイレを見ると「ご自由にどうぞ」と貼り紙。
店員さんに断らなくていいんだぁ、良かった~。
中にある鏡を見ると、あまり普段と変わらない様子。
もう少し不調な感じが出てもいいんじゃないかなぁ。
最後にチョコを買って外へ。

駅に戻って電車に乗り込み。電車が混んでいたかどうかも、
電車を下りてどうやって帰ったかの記憶もない。
気付くと電気付けっぱなし。部屋で寝てた。
他の部屋は真っ暗。シャワーして寝直し。

暴飲暴食とはああいうことなんだろうなぁ。
自分でも気付かないうちに暴走とはアホ過ぎ~。トホホ。
ま、痛い目に遭いつつ成長するのよね。
少しずつ食べ切ってから注文、だなぁ。
[PR]
by karopiyo | 2006-07-18 23:39 | 日常