音楽好き。読書好き。観劇好き。映画好き。


by karopiyo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

面談

定時後、チームリーダーに呼び出された。
30分だけ時間ちょうだい。
のはずが、気付くと1時間超。

「今後、何をしたい?」聞かれ、「製造!」答えると困った顔。
どうやら、あまり嬉しくない答えだったらしい。
最近、仕様考えるばかりで製造できないんだもの。
いっぱい組んで動かしたいなぁ。

でも、事態はのんきにはしてられない状況だった。
予算が限られてきて、製造は真っ先に切られるということ。
既に、その方向で動き出していること。

そこで。
何とか救おうと考えたのが、上の工程に引き上げること。
もちろん、期待できない人を引き上げても意味が無い。
ってことで、上流工程の仕事を任せて様子を見てたらしい。
道理で、最近負荷が掛かって大変だと思った^^;

チームに製造は5人いるけど、うち2人が合格。
そんなのできるのかなぁ。。
そんな心配そうな顔しなくても、大丈夫。
皆でサポートするから。できるようにするから。
熱心に話すのを見てるうちに、大丈夫かなーって気になってきた。

最初は何でも不安なもんだけど、やればできるかも。
少なくとも、今までの仕事ぶり見て判断されたんなら、
全くダメってわけでもなさそうだし。

でも、製造もしたーい!言うと、両方できる人になればいい、
あっさり言われて拍子抜け。いいんですか~?
人がいない時は、自分でも作れたら強みになるよね。
もし、上が何か言って来ても、俺が口出しさせん。
きっぱり言い切る姿にちょっぴり感動。

気合入れて育てよう、って思ってるみたいだし、やるしかないなぁ。
あ、でも、あまりに鞭ばかりだと徐々に気力がなくなってくので、
たまには飴もくださいね☆

今の案件が終わったら、次は上流工程見習として勤務。
最初は人について勉強。期間を決めて、無理そうなら元通り。
いけそうなら一人立ち。うん、悪くない。頑張ろう。
[PR]
by karopiyo | 2006-06-23 22:51 | 日常