音楽好き。読書好き。観劇好き。映画好き。


by karopiyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2006.06.17 『AMEN』

b0055385_18374313.jpg

観劇2日目。
これは2階に貼られてたシール。
劇とは無関係。鳥模様、かわいい♪

体調も良く、落ち着いて見れた^^
やっぱり楽しかった~♪
うきうき、ドキドキ、わくわく。



会場のビル入口に行くと、同年齢の女性集団が。
結構、大勢。皆、観劇するんだろか??
一瞬後に並ぼうかとも思ったけど、なんか違う気も。
まとめ役っぽい人に、3階かどうか聞いてみると、
地下に行くってことで、無関係。階段で会場へ。

早めに行って、一番左、前の席。
今日は一人でワインハーフボトル。
体調戻ってて良かったぁ。
同行人は、食べられないものがチラホラ。
わさわさと集まってきて、見てるだけでお腹一杯。

時間になって、星さんが司会に出てきて紹介。
最初はピレネー山脈。

近藤さんは、最初からチャッカマンを手に登場。
曲は、さだまさしの「春告鳥」「神話」「檸檬」。
井上陽水の「招待状のないショー」。

京都が舞台の「春告鳥」。
目元、首元、腕がキラキラ。
歌詞カードを左、真中、右と移動させつつ歌。

女の情念をガンガン歌い上げる「神話」。
きれいだろうね、と歌う横顔が綺麗。
手を叩くの好き~。

曲間に舞台両端の絵の説明。
左が少女時代のマリアで、右がマニアックなザビエル。
マニアックって。。。

「檸檬」は中学生の頃(それは3ヶ月前)好きだったらしい。
実際に檸檬持って歌っていい感じ♪
その後、3人合わせてピレネー。。と指で三角を描く。
決まった!と満足げ。

「招待状のないショー」はやわらかい声。
高音はやさしい声、低音のあったかい響き好き。
サビいいなぁ。延々と歌って欲しい。

間奏で、キャンドルサービス。
今日は前のテーブルから手際良く。
十分に時間もあって、余裕を持って舞台へ。
落ち着いてていいなぁ。最後も、朗々と歌い上げて、
バッチリ♪すごく贅沢な前座でした☆

そして、劇。
今日もあっという間に終わってしまった。
isotopeの音楽があちこちに出てくるのが嬉しい♪
はりつけシーンの曲、好き~♪

海野さん、前よりおしとやかな感じで魅力的。
お元気ですか、と手紙を読み上げるの好き~。

聖書マニアの人が質問するシーン好き。
他の二人の女性の反応面白い。
初日より、間がゆったり目で見やすかった。
聖書。。習ったけどもう忘れちゃったなぁ。

豪農兄弟面白い。
実は、パンが好きで、朝はパン食の兄。
ナイショやで~とバラす弟。兄弟仲良さそう。

おはぎくん、逆さにぶらさがりシーン好き。
気だるい感じのセリフがいいなぁ。
嘘つく、とか~無断欠勤、とか~泥棒、とか~。
最後、ぶら下がってる自分を見て、
軽く首振って去ってく姿もグー。

田植えシーンは、お祭り風。元気で好き~。
近藤さんが、気持ちよさげに節をつけて、皆がついてく。
楽しげ~♪その間に椅子の向き変えるのすごいなぁ。
お祭りが終わると、カゲロヲ神父が一人取り残されてる。

ハレルヤ!からは怒涛の展開。
カゲロヲ神父は罪を懺悔して、皆で晩餐して、
キリスト教じゃ救われません!と女性が飛び出して行くと、
P神父からの手紙。

ブラジル人が、神父から手紙をパッと奪う印象が強い。
味方が一気に敵に。笑顔が怖い~。
はりつけシーンは痛い。痛い。痛い。
最後のアーメンに救われた。
[PR]
by karopiyo | 2006-06-17 18:37 | 映画/観劇/展覧会