音楽好き。読書好き。観劇好き。映画好き。


by karopiyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Lowo=Tar=Voga 『僕は知らない』

昨日、ロヲさんの劇を見に、京都に行って来ました。
お盆って感じの内容!間近で見られて幸せだ~♪



<初日:8/13 20:00~>
椅子席。前に桟敷席があるから少し遠い。

始まる前に、近藤さんが挨拶に登場。
アスペルガー症候群の少年が主人公らしい。
知ってる人~と手を挙げてもらってたけど、予想より少なかったらしい。
知ってないと分かりにくいかも、と少し説明。

<2日目:8/14 17:00~>
桟敷席。2番目。左の画面前。

最初は近藤さん。
昨日分かり辛い人がいたらしく、劇の内容について説明。
何となくこんな内容?とは思ってたけど、改めて認識。
50分少々を予定してます、と時間についても。
結構話してた^^

<千秋楽:8/14 20:00~>
桟敷席。一番前。中央。

またもや近藤さんが劇の内容について説明。
昼より早く引っ込んでしまった。

挨拶が終わって、暗くなって劇開始。
最初は映像。黒地に白い文字。
「僕の名前は研二。14歳。」と自己紹介&家族構成。
一度に2、3行ずつだから読みやすい。
森町に住んでて、植物が大好きな少年。
色んなものに植物の名前をつけてる。

「ハマユリを探しに行く」ことにして、おじさんと別れた後、
ロヲ=タァル=ヴォガの文字とタイトルが縦書きで表示。
んー、カッコイイ!続けて近藤さんと振り付けの人の名前。
役者さんたちは、ちょっとピントのズレた写真付。
始まる始まる、とワクワク。舞台上が暗い中、役者さんたちが
出て来てたけど、画面に注意が行ってた。

最後は一番前で、左の映像じゃなくて正面の映像を見てた。
役者さん達が出て来てからは、彼らを。
カゲロヲさん、机が邪魔で、ぶつからないよう曲がって横になってたけど、
毎回そうだったんかしら?大変そう。。

最初はノイジーな音楽で、その合間に吹き込まれてる声が入った。
雨系のセリフ。青い傘を持ったカゲロヲさんがカッコイイ。
後ろの植物の映像好き~♪

研二が退場して、カゲロヲさんたち一家が出てきて「オーイ」と叫ぶ。
この辺の音楽と雰囲気と動きはすごい!一気に引きこまれた。
後ろの森の映像がまた良い。

一家が顔の高さを同じにして、視線の高さは一緒だけど、
見えてるものは違う、と動く。
んーんーんー?
この劇の中ではどんな意味を表してるんかしら?

ギターを弦で弾く人と、踊りの人の共演もすごい!
後ろの炎のような映像もすごい。混沌としてて、最後には
あっちの世界に連れ去られた~!

カゲロヲ父さんが、三途の川の水を研二に掛けて、
水を掻き分け掻き分けしたり、腕を振り回したり。
他の家族は総出で魂を押したり。力篭ってて思わずじ~ん。
なんかもー、すごくて圧倒!千秋楽は目前だったし、入りこんで
一緒に飛んでいきそうに。。

最後は、父以外の3人が、ペタペタと黒い手形を研二につけて、
ドーンと送り出し。左に、右に、後ろにとなすがままの研二と
家族の表情が辛かった。

手を付いた研二に、魂案内人が帽子を被せて、
ぐっと手を上げると、研二立ちあがり。魂取られる~って感じ。
そして、ズルズルと研二は引き摺られてあの世へ。
見送った家族は遺影や線香を供えて、父は研二に語り掛けて終了。

初日は、まだここから続くと思ってた(^^;
パっと電気が付いて、音楽が流れて、あれ?終わり?
2回目からは、最後の語りがいいなぁ、としみじみ。

皆が喪服の中、研二一人が白い服で、映像が映るのが
良かった。研二に、去り行く研二が重なったり。

植物図鑑の表紙のMAKINOの文字を見て、もしや?と
思ったら、牧野氏の写真まで出てきた。
去年、牧野植物園に行ってたから、再会~って感じ。
植物と言えば牧野氏ですなぁ~。

植物の絵が左右で上下逆に動くとこ好き!
研二の服に映し出されてて良かった。

お盆に相応しい内容で、一緒にサヨナラしちゃいそうだったけど
明日はほんとのお盆に行ってきます。
現世に戻らなきゃ~。


会場のGakkary B-LIFE Cafeはステキなカフェでした。
地下でお篭り。冷房効いてて、入ったらひんやり。

ファジーネーブル、カシスオレンジを注文。カクテル久しぶり~。
グリーンティーはアルコールなのね。
連れが注文し掛けて、アルコールだと知ってビックリ。
ソフトドリンクに変更しました。
[PR]
by karopiyo | 2004-08-15 01:25 | 映画/観劇/展覧会