音楽好き。読書好き。観劇好き。映画好き。


by karopiyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

待ち合わせ

b0055385_1683998.jpg

改札前で待ち合わせ。
待つ。



連絡が来て、ミスドへ移動。
ミスド久々。
店内はほぼ満席。
折りたたみ傘を椅子に置いて席確保。
トレイを持ってドーナツ選び。
新作!ポンデとうふきなこ。
会計待ち。
アイスコーヒーよろしく。
後ろから声を掛けられる。
レジ待ちの間に到着してる。
頷いて注文。
ホットカフェオレとアイスコーヒー。
ミスドカードを作ってくれる。
ポイントたまるかな。

振り返ると、店内の人が減ってる。
どこにいるのかな。
すぐに見つかる。
窓際の席。
席取りの傘を回収して向かう。
新聞。
発売日は今日。
元気なさそうな様子。
畑仕事なTシャツ。まったり。
新聞を読む姿を見つめながら食べる。
あっさり風味。
ぽつぽつ話。
頭が痛いらしい。
海外の薬を飲んだらしい。
早く薬効かないかなぁ。
たまに顔をしかめる。
バファリン持ってないよね?
うーん、ないなぁ。

太鼓の達人。ドラえもん。
インタビュー。
読み進めて、むっちゃ笑ってる。
新聞で顔を隠して読む。
むー。
反対側の記事を見ながら、復活を待つ。
嬉しそうな表情。
はよ強くなってや~。
うん。がんばる。
指針を示される。
わーい。足がかり^^

ドーナツの並んだ棚の方に視線を向ける。
明るい表情。
何か食べるの?
うん。半分食べる?
聞き返される。
うん。食べる。
空いたグラスを持って立ち上がる。
ドーナツの方へ。
何持ってくるのかな~。楽しみ。
逆から新聞を見てるうちに戻ってきた。
アイスコーヒーとソーセージパイ。
惣菜パイ。甘いもののあとで嬉しい。
ナプキンを出して、もりもり食べ始める。
いい食べっぷり。
半分ほど食べたところで託される。
食べる。甘くなくていい感じ^^

そろそろ行くか。
と、目の前のアイスコーヒーに気づいた様子。
こんなに残ってた。
照れたように微笑む。
一気に飲む。
立ち上がって、トレイを返却口へ。
店を出る。
ついて行く。

出て、右方向に進む。
そのまま、真っ直ぐ進む。
初めての道。
分かりやすい道教えとくわ。
線路脇の道を進む。
車道をバスが走っていく。
寺。美容室。レストラン。
美容室多いね。
面白い名前の店も。
少し離れて焼肉屋。
左に折れる。
高校のところを左に折れる。
説明が入る。
後は真っ直ぐ。
街路樹の緑を横目に進む。
田んぼ。端には苗がない。
機械の関係かなぁ。
爽やかな風が吹く。
畑。トマトにナスが鈴なり。
塀に守られてる。
空手道場の看板。
道を渡る。
キムチが目印。
再び入る説明。
看板の横を進む。住宅街。
静かになる。
家の前で遊ぶ子供。見つめてくる。

進む。
キョロキョロしてると、視界の隅から消える。
あれっ?
振り向く。
道の左側にある家へ。
カラカラカラ。
戸を横に引く。
玄関。
おじゃまします。
靴を脱ぐ。
スリッパを出してくれる。
突き当りがトイレ。
教えてくれる。
玄関右の階段を上がる。
奥の部屋に入って。
言われて奥に進む。

ドドドドド、と足音。
振り返る。
犬が突進してくる。
えええええ!?
混乱してる間に、前足でパンチ(?)、きびすを返して去っていく。
去った。。
かと思うと、再び足音高く突進。
パンチパンチパンチ。
しばし行ったり来たりを繰り返して落ち着く。
そこにあった椅子にカバンを置く。
水を飲んで満足げな犬たち。

落ち着く犬。
しゃがむ。
犬だぁ。
見つめる。
目が合う。艶やかな黒目。
水を飲んだ名残か、しっとりした口元。
見てるだけだったら怖がるよ。
いつの間にか、椅子に座って、声。
やわらかい表情。
手を出してみる。
寄ってくる。
触る。頭をなでる。
転がる。
お腹をなでる。
滑らかな手触り。触れる肋骨。心臓の鼓動。
離れる。
テーブルの下に入る。
横たわって涼しげな表情。
オシャレな雰囲気。
いいなぁ。
入るには狭いかなぁ。
眺める。
もう一匹が寄ってくる。
なでる。

動く気配。
部屋の主が立ち上がってすたすた歩く。
目の前を足が通っていく。
ついてく犬たち。
取り残される。
ばたん。
閉まる扉。
残される犬たち。
振り返る。
目が合う。
取り残された瞳。
その場に立ってる。
ぽつんと待つ。
見上げる。
ハロウィンのカボチャ。

緩やかに時間が流れる。
騒ぎ出す犬たち。
嗅覚。
扉が開く。
主が戻ってくる。
ベッドに座る。
穏やかな表情。
犬たちも床から移動。
ぽふんぽふん。無邪気。
立ち上がって端に腰掛ける。
見つめる。
表情が緩む。
呼ばれる。
近づく。
やわらかな鼓動。あたたかい。
懐かしい感じ。
守られてるような。
ふと視界に入る白い犬。
不思議な瞳。
見られてる。

一人残される。
頭がぐるぐる。
ベッドに倒れる。
ぼーっと天井を見上げる。
木目。貝殻。
音楽が流れていく。
少し落ち着く。
時間が経ったような経ってないような。
ドドドドド。気配を感じる。
ガバッと起き上がる。
そんな慌てなくていいよ。
懐かしい声が届く。
見上げる。
爽やかなシャツに着替えてる。

座ってパソコンに向かう。
お茶飲んでいいよ。
机の上にグラス。
喉渇いてる。
飲む。おいしい。

立ち上がって横に立つ。
画面を見つめる。
座り。
言われて気づいて座る。
揺れる椅子。ゆらゆら。
画面を見つめる。
さくさくっと戦う潔さ。
見つめる。
分からんとこ聞いていいよ。
展開はやい。
そこまで到達してない歯がゆさ。
目に焼き付ける。
やさしい時間。

そろそろ行こ。
時間が経つのはあっという間。
立ち上がる。
暗い。
つまづく。明りが灯る。
光に照らされて降りる。

暗くなった道を歩く。
残る感覚。
気恥ずかしい。
ざわざわ。落ち着かない。
顔が見れない。暗くて良かった。
慣れるのかな。
くすぐったい。

また、来週ね。
[PR]
by karopiyo | 2009-07-08 16:08 | 日常