音楽好き。読書好き。観劇好き。映画好き。


by karopiyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

つけ麺

17時に待ち合わせ。
今日は数分前に到着。



改札前に着いて携帯見ると、5分前に到着メールが。
ががーん!!傘差しててメール気づかなかった。
電話を掛ける。すぐに繋がる。やわらかい声。
エスカレータ降りたところ。
言われて、降りる。右を見る。いない。
左手に進む。車両進入禁止柵に腰掛けてポツリ。
道路向き。駅に背を向けて座ってる。
お待たせ~、声を掛ける。
振り返り見上げられる。少し沈んだ表情。
ふわっと笑顔が浮かび、立ち上がる。
希望軒行こ。
既に店決めてる。
うん。

外は雨。
雨降ってるね~。
折りたたみ傘を開ける。
駅の保護下から踏み出して外へ。
傘を差し掛ける。相合傘。
歩く。揺れる。服が触れる。肩が触れる。
駅前の店。暖簾を潜って店に入る。

2人掛けの席。
奥の席を示される。座る。
向かいに座る。
寒いなぁ。
すぐに寒そうな様子。表情。
左上を見上げる。クーラーが直接当たるらしい。
Tシャツ。半袖。
席かわる?
聞いてみる。
うん。
すぐに頷いて立ち上がる。
袋に入れた折りたたみ傘はそのままに、席交代。
左側から冷たい風。
長袖で良かった。
とは言ってもそこまで寒くない。軽く腕まくり。

店員さんが注文を聞きに来る。
つけ麺二つ。
まとめて注文してくれる。
向き直る。
少し沈んだ様子。
まだ頭痛いのかなぁ。見つめる。
近況を語る。
話してるうちに明るい雰囲気に。
まだ寒いらしく、左腕をTシャツの中に入れる。

話してるうちに、つけ麺登場。
ん!?
前より量、増えてない?
聞いてみる。
ん?こんなもんでしょ。
何だか1.3倍くらいになった気がする。
どーんと盛られた麺を見やる。
今まで食べる時に、つまんでたからかなぁ。
手助けあっての量だったのかな。
最初の量より食べる量少なかったから、
改めて見ると増えたように感じるのかな。
食べられるかなぁ。
不安がよぎる。
食べれなかったら、食べてね。
お願いしてみる。
食べれるやろー。
にこにこと箸を渡される。
ありがと。
受け取って、いざ。
麺をタレ(?)につけて食べる。

食べる食べる食べる。
半分くらい食べて一息。
向かいを見ると、ざるが見えるくらいの量に。
早いなぁ。
少しペースダウン。
ぽつぽつと話つつ、ゆっくり食べる。
その間に完食。
早いなぁ。すごいなぁ。
つるつるーと、魔法のように消えてく麺。

ビール飲んでいい?
ご機嫌な様子で聞かれる。
どうぞー。
食べながら応える。
飲まんよな?
確認される。
うん。
ビール飲むどころじゃない。

瓶ビールを注文。
つまみいらんの?
飲むだけでいい。
いいなぁ。
どうかなぁ?
あまり良くもないらしい。

つけ麺の上にはチャーシュー切ったのがたくさん。
いる?
聞いてみる。
頭痛いからなぁ。
食べてあげたいけど、食べれんでごめん。
タレの中に入れといて、食べれそうだったら食べたら?
提案される。
それはナイスなアイデア!
沈めといたら見えないなぁ。
チャーシュー投入。いい感じ。

ビールがやってくる。
飲んだら頭痛、楽やわ。
更に表情が緩やかになる。

麺の水分が少なくなって絡まる。
箸でつまんで、もっさもっさとほぐす。
ふっと視線を感じて見上げる。
視線が合う。面白がってるような表情。
違う違う、ほぐすのはこうやる。
向かいから箸が伸びてくる。
おおー。あっさりほぐれる麺。
なるほど!こうやるのね。持ち上げる。
いやいや、もうほぐしてるから。
つまんで食べる。
下から取ると多いから、上の方を取ったらいいよ。
実演される。
タレの容器に持って行く。
箸渡しを避けて、麺をタレにドボン。
浸かった麺を掴んで食べる。

麺となると箸の持ち方下手だなぁ。とほほ。
力の入れ具合が難しい。
力入りすぎたらあかんよ。
こう。手の上に箸乗せる感じで。
臨時の箸使い講習。
ふむふむ。何となく納得。箸軽い。

気づくとビールなくなってる。
もう一本飲もうかな。最近飲んでないから。
1杯飲む?
聞かれる。
うん。いる。
瓶ビール。グラス追加で。
つけ麺のタレがあったかくできるらしい。
つまみにいいかも。お願いしてる。
そば湯みたいなもんじゃないかなぁ。
予想してる。
それはいいねぇ。

食べてる間に注がれる。
乾杯☆
飲む。

ビールと共にやって来た液体。
豆乳かなぁ?
聞いてみる。
ん?豚のミルク?
え?豚?
何て言ったの?
豆乳。
あー、トン乳って言ったのかと思った。これはとんこつだと思うよ。
なるほど!ラーメン屋なら納得!豆乳はないよねぇ。
あっさり系かと思ったら、こってりと。
とんこつをつけ麺のタレに入れてる。
スプーンですくって一口。おいしい。
食べてみ。
笑顔で皿を寄せられる。
一口食べてみる。
ほんわりあったかい。まろやかな口当たり。
ピリッと辛さ。
辛いねー。
あ、こっち、最初に入れてるから。
卓上の瓶を示される。納得!
ピリ辛さがおいしい^^

つけ麺がつまみにいい感じ。
食欲が出てくる。
たまに、麺と共に発掘したチャーシューもパクリ。
皿の上にあった時よりあったまっててとろみ。おいしい^^
アルコール入るとちょうどいい感じ。
飲みつつ食べつつ。
減ったところに追加で注いでくれる。
にこにことご機嫌な様子で話。
仕事。サーバ。パソコン。植物。
大豆メニューの話。足が綺麗になったらしい。
靴を脱いで見せてくれる。ほんとだ。つるつる~。
靴も修理されてて安定感。

ビールが終わる。
お茶を飲む。
珈琲飲みに行く?
うん。飲む。
じゃ、隣行こ。
立ち上がる。
雨降ってるかな?
降ってるみたいやね。
さらっと返ってくる。
窓ガラスの外を見る。
傘を差した人が歩いてる。

戸を開けて外に立つ。
雨ざあざあ。
まだ明るい。
今度は傘を差そうとしてる。
あれ?
何かに気づいた様子。
違う人の傘だったらしい。
店の戸を開けて傘を換える。
傘立てには似たようなビニール傘が4本。
傘を選び出し、戸を閉める。

傘を開く。差し掛けてくれる。入る。相合傘。
大きな傘。安心感。触れる。
カフェはすぐ隣。
間の道をタクシーが向かってくる。
気にせず前を渡る。
店に入って傘を畳む。
店内奥へ進む。
奥の席を示される。座る。

店員さんがメニューを持ってくる。
注文。
ホットコーヒー。
カフェオレ。
アイスですか?ホットですか?
ホットで。

アイスかホットか、決めてるんなら最初に言っといた方がいいよ。
言われる。
あー、自分の中ではホットだから、つい言わずに終わっちゃうのよね。
店員さんには分からないよねぇ。
最初に全部言った方がいいよ。
全部最初に伝えてるらしい。
例えばマクドで。
注文は何にしますか?
聞かれる。
え?
突然のことに、ぼーっと見つめる。
ほら、注文して。
あ、えーと、チーズバーガーください。
飲み物は何にしますか?
烏龍茶ください。
ポテトはいかがですか?
あ、いりません。
チーズバーガーと烏龍茶単品ですね。
はい。
ふーむ。注文聞いて。
え?
促されて聞く。
注文は何にしますか?
バーガーと烏龍茶単品で。
あっさり答えられる。
決めてるんなら、最初に全部伝えておく。
なるほどー。
最初に全部。店員さんにやさしい客だなぁ。

飲み物がやってくる。
カフェオレの上にはクリーム。
この店ではカフェオレにはクリーム乗るものなのね。
珈琲を見る。
クリームいる?
聞いてみる。
いらない。
まぁ、そうよねぇ。
飲もうとする。
と。
珈琲に乗せてみる。
思いついたように、目をきらきらさせてる。
クリームがスプーンですくわれていく。
珈琲の上にちょこん。混ぜる。
飲む。
あ!これ、ウィンナー珈琲やわ。
飲んでみ。
勧められる。
恐る恐る一口。
あ!ほんとだ!おいしい!ウィンナーやね~。
ブラック珈琲がまろやかな味に。
新しいメニュー誕生^^
カフェオレを飲む。甘い。
ウィンナーとは違う味。

飲みながらゆっくり話す。
食べ物。給食。ゴマ豆腐。夏野菜。
きもだめし。安土城。熊本と福岡。
犬。みかんジュース。風呂上り。柔肌。
岡山のままかり。南蛮漬け。瀬戸内。
雨。野球。TV。
外野と内野。芝生。人工と天然。

外に出る。
雨はいよいよ激しく。
駅までの間に足元は濡れる。

寄り道して再び駅へ。
手をぎゅっと。体温。じんわり伝わるあたたかさ。
改札を潜って、振り返って手を振る。
手を振り返す。
そのままスタスタ行きかけて、もう一度振り返る。
わぁ、不意打ち。思いがけず嬉しい。
また、来週ね^^
[PR]
by karopiyo | 2009-07-03 16:59 | 日常